春風亭昇太「笑点」司会で営業ギャラ倍増

春風亭昇太「笑点」司会で営業ギャラ倍増
春風亭昇太

 日本テレビの日曜夕方の長寿人気番組「笑点」6代目司会に春風亭昇太(56)が昇格して以降、大喜利レギュラーメンバーの地方営業ギャラが高騰しているという。

 今年で放送50周年を迎えた「笑点」。落語界では同番組の大喜利メンバーのレギュラーになれば、年収が億を超えるともいわれてきた。

「落語家は真打ちになっても、寄席だけのギャラでは食べていけない。バブル崩壊以降、タニマチもいなくなったから。奥さんに食わせてもらうか、副業をするしかない。『笑点』の大喜利メンバーは憧れ。収録そのものは月に2回で、司会だった歌丸のギャラが80万円、円楽さんなどメンバー6人は一律60万円といわれ、出演料としては一見、安いように思えますが、毎週出演することで全国区人気となり、地方での営業に跳ね返る。歌丸さんのギャラは最低150万円なんです」(寄席関係者)

 メンバーではない真打ちの人気者といわれる落語家でも、地方での営業のギャラは10万~20万円といわれ、いかに「笑点」出演者がおいしいかがわかる。

「しかも、オファーは笑点メンバーに殺到する。歌丸さんは月に20回の営業をこなしていたといいますから、年収は軽~く1億円を超えてますよ」(前出の興行関係者)

 個人だけではない。一門にもかかわる。

「一門に笑点メンバーがいるところは、ギャラも上がる。誰かを追い落として一門の落語家を『笑点』に入れたいと虎視眈々と狙ってますよ。だから一門を支える円楽さんは6代目司会に執着したのです」と番組関係者。

 前出興行関係者によると「司会に決まった途端に昇太の地方の営業ギャラは50万円から2倍の最低100万円以上に跳ね上がったといわれてます。他のメンバーも今回のリニューアルの恩恵にあずかって、ギャラは高騰してますよ」。

 水面下では、利権を巡る笑えない“派閥争い”が続いているようだ。

当時の記事を読む

春風亭昇太のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「春風亭昇太」に関する記事

「春風亭昇太」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「春風亭昇太」の記事

次に読みたい「春風亭昇太」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年6月14日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 春風亭昇太 吉田羊
  2. 春風亭昇太 結婚

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。