プロ初黒星 中日・小笠原にチーム内から愛の警告

 中日のドラフト1位ルーキー・小笠原慎之介投手(18)が16日のロッテ戦(ナゴヤドーム)に先発したが、5回7安打3失点で降板。プロ3度目の先発で初の敗戦投手となった。

 初回は伸びのある直球を投げ込み、2者連続空振り三振を奪う上々の立ち上がりだったが、それが続かなかった。「やっぱ勝ちたかったです。腕が振れていなかったことが一番。もっと考えて投げないと球数が増えてしまう。ここまでの3試合をしっかり見直します」と悔しそう。登板間隔が空くことから一度、登録抹消されて再調整することになった。

 そんな小笠原を谷繁監督は「なんだかんだ言って(登板した3試合とも)試合はつくっている」と評価したが、チーム内の見方はシビアだ。「今日は初回からものすごい球を投げていたのに飛ばしすぎたのか、制球がどんどん悪くなっていった。もっとスタミナをつけないといけない」とチーム関係者。別の関係者も「走者を出すとテンポが途端に悪くなる。(テンポの速い)バルデスのようにやれとまでは言わないけど、もう少し速くした方がいい。これから炎天下でゲームをやる機会も増えるけど、今のままでは守っている野手がバテてしまって余計に援護がもらえなくなるよ」とバッサリ。さらには「変化球はチェンジアップばかりでたまにカーブを投げるだけ。球種が少なすぎる」との声も出た。

 この日のロッテ戦に1―3で敗れ、4連敗で借金4、2年連続交流戦負け越しも決定した中日。そんな中で飛び出した小笠原への“警告”は今後に期待しているからこそだが、黄金ルーキーは課題をクリアできるか。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年6月17日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。