広島が7連勝 雨のおかげで逃げ切り成功

広島が7連勝 雨のおかげで逃げ切り成功
降雨コールド勝ちで新井とハイタッチする緒方監督(右から三人目)
       

 セーブポイントは「雨」?

 セ・リーグ首位を走る広島が24日の阪神戦(マツダ)に4―2で勝ち、今季初の7連勝。9回表無死一塁の場面で降雨コールドとなり、2位・巨人との差を7ゲームとした。

 この日はプレーボールから、雨が降ったりやんだりの悪天候。広島は同点で迎えた8回、代打・新井貴浩内野手(39)の適時三塁打で2点を勝ち越し、9回に守護神・中崎翔太投手(23)を投入した。

 しかし、阪神先頭の中谷将大外野手(23)のハーフライナーを遊撃・田中広輔内野手(26)がポロリ(記録は内野安打)。無死一塁で代打・高山俊外野手(23)を迎えるというイヤな場面で、広島・緒方孝市監督(48)がたまらずベンチを飛び出し、鬼の形相で審判団に雨による中断を要望した。

 もちろん、試合の中断は審判団の判断によるもので、監督の抗議等によって左右されるものではない。だが、審判団も雨脚が強く、このタイミングでの試合中断を決めた。その後、コールドゲームが宣告され、広島は4―2で逃げ切った。

 緒方監督は「言いたくはなかったが、審判団には止める勇気を持ってほしかった。大事な選手にケガをされては困る。止めにくいのは分かるんだけど…」と、逆転勝利にも複雑な表情だったが、天まで味方につけたカープの独走はしばらく続きそうだ。

あわせて読みたい

新井貴浩のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「新井貴浩 + 年俸」のおすすめ記事

「新井貴浩 + 年俸」のおすすめ記事をもっと見る

「新井貴浩 + 引退」のおすすめ記事

「新井貴浩 + 引退」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「村田修一」のニュース

次に読みたい関連記事「村田修一」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年6月24日の野球記事

キーワード一覧

  1. 新井貴浩 年俸
  2. 新井貴浩 引退

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。