広島“失敗ドラフト組”から生まれた2人の神

広島“失敗ドラフト組”から生まれた2人の神
下水流昂、囲み写真は鈴木誠也

「失敗ドラフト」だなんて言っていたのは誰だ。セ首位の広島が鈴木誠也(21)、下水流昂(28)の同期コンビの活躍で5日の中日戦(富山)に4―1で快勝。貯金を今季最多の17とし、2位DeNAに10・5ゲーム差をつけた。2人が指名された2012年のドラフトでは、1位で2度の競合に敗れた影響から野手5人を獲得。バランスの悪いチーム編成にはファンからも批判の声が上がっていたが、そのうちの2人が“神扱い”されているのだから分からない。

 1―1の7回に均衡を破ったのが、このところ“神ってる”鈴木だ。無死一、二塁から「前の打者がつないでくれたので何とかしたかった。『併殺でもいい』という気持ちで打席に入った。今まで打席でがっついていたけど、我慢しようという意識が形になってきた」と左前へ。二塁からルナが生還して勝ち越し。さらに次打者の下水流が2点二塁打で続いて勝利を決定づけた。

 相手先発の大野とは今季初対決だった。昨季は2試合の対戦で0勝1敗ながら20回2/3を2点に抑え込まれている。4年目の同期コンビのバットで苦手左腕に黒星をつけ、緒方監督も「今日の勝利は大きい。(大野は)後半戦2回、3回と当たる投手だから」と興奮気味に話した。

 売り出し中の2人の入団は“偶然の産物”でもあった。2012年のドラフトでは広島は1位で東福岡高の左腕・森雄大を指名するも、楽天との競合の末に敗戦。“外れ1位”でもNTT西日本の増田達至が西武とバッティング。くじ引きで2連敗するとドラフトの方針を大転換し、2位の鈴木、4位の下水流を含めて育成を除く5人の指名をすべて野手で固めた。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「鈴木誠也 + 結婚」のおすすめ記事

「鈴木誠也 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

「鈴木誠也 + 年俸」のおすすめ記事

「鈴木誠也 + 年俸」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「エルドレッド」のニュース

次に読みたい関連記事「エルドレッド」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年7月6日の野球記事

キーワード一覧

  1. 鈴木誠也 年俸
  2. 鈴木誠也 筋肉
  3. 鈴木誠也 結婚

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。