2001年夏制覇の日大三 強力打線誕生の裏にセンバツでの3つのエラー

2001年夏制覇の日大三 強力打線誕生の裏にセンバツでの3つのエラー
都築克幸都築中央ボーイズ監督
       

【気になるあの人を追跡調査!野球探偵の備忘録(26)】全国高校野球選手権の地方大会も大詰めを迎え、各地で代表校が甲子園へ名乗りを上げているが、2001年夏、圧倒的な打力で全国の頂点に上りつめたのが日大三(西東京)だった。甲子園大会のチーム打率は当時歴代1位の4割2分7厘を記録。並み居る好投手を徹底的に打ち崩しての初優勝で、21世紀の幕開けを飾った。そんな超攻撃型チームの1番打者として史上2位の大会通算16安打を放ち、その後プロ入りした都築克幸が、強力打線誕生のきっかけとなった「3つのエラー」を述懐した。

「全国中継でやっちゃって。『もうこのチームにはいられないな。もう野球は辞めようかな』とさえ思いました」

 悲願の全国制覇の5か月前。センバツ3回戦の東福岡戦で、都築は顔面蒼白のまま甲子園のグラウンドに立ち尽くしていた。5回の1イニングで3失策。この回だけで5点を失い、3―8で甲子園を後にする。

 敗戦の翌朝、宿舎の監督室に呼び出された。身構える都築に小倉監督がかけた言葉は、まったく予期せぬものだったという。

「『お前のせいじゃない。お前が打たなければ夏は勝てない』って。どう考えても負けたのは自分の責任なのに、それまでの監督からは考えられない言葉でした。ただ、本当の地獄はそこからでしたけど(笑い)」

 練習では集中的なノックの嵐。捕球しそこなうと「またお前のせいで負けるのか!」とゲキが飛んだ。ただ、厳しさのなかにも小倉監督なりの親心があったという。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「日本シリーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「日本シリーズ」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年7月31日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。