日本ハムが12カードぶり負け越し 大谷3三振でブレーキ

 日本ハムが4日のロッテ戦(QVC)に0―3で敗れた。6月19日の中日戦(ナゴヤドーム)以来、12カードぶりの負け越しで、5日から福岡で直接対決となる首位・ソフトバンクとのゲーム差は「5」に開いた。

 この日は、本来クローザーの増井浩俊投手(32)が6年ぶりの先発マウンドで5回を4安打無失点に抑え、先発の役目を果たした。しかし、肝心の打線がロッテ先発・唐川の前に再三走者を出しながら「あと一本」が出なかった。

 3番・指名打者でスタメン出場した大谷は初回一死三塁で空振り三振を喫すると、5回一死一、三塁の場面でも三振併殺で好機を潰し、3打数3三振とブレーキになってしまった。「ボールが来ていて唐川さんは素晴らしかった。僕的にはボールと思って見逃した球(三振)があったが、それは仕方のないこと。全体的に(あと)一本が出なかった」と唐川の投球をたたえた。

 栗山監督は「増井はよく頑張った。勝たせてやりたかった。あれだけチャンスがあって、かわいそうなことをした。(カード勝ち越しは)どこかで止まる。数字を気にしていてもしょうがないんで、明日からまたしっかりやります」とホークスとの直接対決に頭を切り替えた。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年8月4日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。