評判下げた石原伸晃氏とは違う 辞任した内田氏の院政は不可避か

評判下げた石原伸晃氏とは違う 辞任した内田氏の院政は不可避か
内田茂氏

 小池百合子東京都知事(64)が4日、首相官邸で安倍晋三首相(61)と会談した。「きつい一本を取られました」と安倍首相は穏やかに出迎え、両者は東京五輪・パラリンピックに向けて連携することを確認した。小池氏は二階俊博幹事長(77)とも会談し、若狭勝衆院議員(59)ら小池氏を支援した関係者の「寛大な処分」を求めた。

 一方、小池氏と敵対していた自民党東京都連は石原伸晃会長(59)、“都議会のドン”こと内田茂都連幹事長(77)ら役員5人が辞任を表明した。都連のことを意思決定の経過が不透明だとして「ブラックボックス」と批判していた小池氏にとって、留飲が下がる思いだろう。

 都知事選をめぐって石原氏の評判は下がった。石原氏は2日の閣僚会見で「都知事選は党本部マター。責任者は(当時の谷垣)幹事長だ」と述べていたが、この日は「そんな話していません」とすっとぼけた。

 自民党関係者は「2012年の総裁選で国会議員票を一番多く集めたのが石原氏だが、もう総裁選で担がれることもないんじゃないか」とあきれる。
 だが、内田氏は違う。

「内田氏は集金力と公認権で権力を握ってきた。都連幹事長でなくなることで、候補者を決める公認権を手放すようにみえるが、後釜に子飼いの人物がついたら、内田氏の院政となる」(永田町関係者)

 陰に隠れるだけにむしろ厄介だ。それでも都連としては、内田氏に頼らざるを得ないという。

 都政関係者は「都知事選で自民も民進も都連が失態を演じたが、根本的に違うところがある。民進はみんなバラバラの方向を向いてまとまりがない。自民は良くも悪くも内田氏がまとめていた。バラバラよりもまとまっていた方がいいという考えもある」と指摘した。

 小池氏とドンの闘いはまだ始まったばかりだ。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年8月5日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。