広島・岡田「一過性の腕神経叢神経炎の疑い」で登録抹消

広島・岡田「一過性の腕神経叢神経炎の疑い」で登録抹消
7日の巨人戦に先発した岡田明丈
       

 広島は8日、ドラフト1位ルーキー・岡田明丈投手(22)が広島市内の病院で検査を受け、「一過性の腕神経叢(そう)神経炎の疑い」と診断されたと発表した。

 岡田は7日の巨人戦(マツダスタジアム)に先発したが、右肩に違和感を覚えて3回の途中で降板。この日、出場選手登録を抹消された。今後はリハビリと並行し、状態を見ながら投球練習を再開する予定だという。

 岡田が先発ローテーションから外れることで、緒方監督ら首脳陣は、中継ぎのヘーゲンズを先発で起用する方針を固めている。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「原樹理」のニュース

次に読みたい関連記事「原樹理」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「今村猛」のニュース

次に読みたい関連記事「今村猛」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「薮田和樹」のニュース

次に読みたい関連記事「薮田和樹」のニュースをもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年8月8日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。