緊急先発で快投!広島・薮田を覚醒させた“悲劇の一球”

緊急先発で快投!広島・薮田を覚醒させた“悲劇の一球”
薮田和樹
       

 広島は31日のDeNA戦(マツダ)で先発予定の福井優也投手(28)が試合開始直前に首痛を訴え、2年目の薮田和樹投手(24)がスクランブル登板。6回2安打無失点の好投を演じ、3―0で快勝した。これでマジックは一気に「10」。チームの緊急事態を救った“孝行息子”登場の背景には、“悲劇”の一球があった。

 緊急登板となった薮田だが、直球と鋭く落ちるツーシームを武器に強力DeNA打線に真っ向勝負に挑んだ。要警戒打者・筒香には初回に右前打を打たれるも、3度目の対戦となった6回には150キロの速球で空振り三振を奪取。太ももをパン!と叩いて喜びを表現した。

 結果、6回を2安打無失点で先発では今季初勝利。中継ぎでの1勝を含め、今季2勝目を飾った。突然の先発にも満点“快投”で応えてみせた薮田は「『チャンスが巡ってきた』と思った。ずっと二軍では先発で投げてきたので、一軍で先発できることの喜びを感じた」と笑顔で汗を拭った。

 過去12試合はすべて中継ぎでの登板。福井のアクシデントで急きょ先発を告げられたのは「(試合開始の)15分ぐらい前」だったという。

 15球程度の投球練習でまっさらなマウンドへ。「肩をつくるのに時間はかからなかった。一軍で中継ぎをやっていてよかった」とこれまでの経験も糧になったと振り返る。

 突然すぎる抜てきの背景には、前回登板の“悲劇”があった。8月28日の中日戦(ナゴヤドーム)。先発のヘーゲンズが突如乱れ、2点差とされた6回二死満塁の場面で救援。だが、いきなり堂上に満塁弾を浴びチームは5―7で敗戦した。


東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年9月1日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。