中日ドラ1ルーキー・小笠原 7回2失点好投も本拠地初勝利ならず

 前回登板でプロ初勝利を飾った中日のドラフト1位ルーキー・小笠原が11日のDeNA戦(ナゴヤドーム)に先発。本拠地初勝利を目指したが、打線の援護に恵まれず、初白星はかなわなかった。

 この日も自身が「課題」とする立ち上がりで苦しみ、初回に先制点を許した。だが、その後はイニングの合間に下半身を意識し、ステップを踏むキャッチボールでフォームを修正。7回2失点とまずまずの投球を見せた。

 試合後、ルーキー左腕は「粘り切れなかった。いつも立ち上がりが悪いので、次は初回を0点に抑えたい」と反省しきりだった。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年9月11日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。