【W杯アジア最終予選】俊輔 ハリルジャパンの“不安説”を一蹴

【W杯アジア最終予選】俊輔 ハリルジャパンの“不安説”を一蹴
軽快な動きを見せた香川(手前)

 ロシアW杯アジア最終予選イラク戦(6日、埼玉)に臨む日本代表では、MF香川真司(27=ドルトムント)ら主力選手が所属の欧州クラブで思うように出場機会を得られていない。バヒド・ハリルホジッチ監督(64)はパフォーマンスの低下を心配し、サッカー界からも懸念の声が出ているが、元日本代表で長い間エースナンバー10を背負ったMF中村俊輔(38=横浜M)が“不安説”を一蹴した。

 ハリルジャパンでは主力の香川、FW本田圭佑(30=ACミラン)、FW岡崎慎司(30=レスター)、MF清武弘嗣(26=セビリア)らが、クラブで出番が激減。ハリルホジッチ監督は「出場機会を得なければ代表には呼べない」と話しつつも「他に誰がいるのか」と苦渋の決断を下したように、コンディションや試合勘などに不安を募らせている。

 ロシアへ行くために負けられない試合となる最終予選イラク戦とオーストラリア戦(11日、メルボルン)を万全な状態で迎えられるのか。サッカー界でも懐疑的な見方が出ているが、俊輔は「岡崎、清武、香川はいるチームといい、(ライバル関係となる)ポジションにいる選手の質も別格だから」と切り出して持論を展開した。

「長友(佑都=30、インテル)とかもそうだけど、そこそこのチームにいてレギュラーで出るより、みんな少しでも高いレベルに上がろうとして(強豪クラブに)行っているわけ。試合に出れなくてもそういうところに行くほうがいい。それでコンディションのこととか言う人は、本当のところで戦っていない人だと思う」


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2016年10月5日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。