人生最大のスランプを味わい気づいた「大リーガーと平均選手の境界線」

人生最大のスランプを味わい気づいた「大リーガーと平均選手の境界線」
「神ってる」打撃でブルージェイズ打線をけん引するソーンダース(ロイター=USA TODAY Sports)
 元局アナ 青池奈津子「メジャー通信」

【マイケル・ソーンダース外野手(ブルージェイズ)】「初めてメジャーに呼ばれたのが、人生で一番の失敗だった」

 ブルージェイズのマイケル・ソーンダースのひと言に一瞬、思考回路が止まった。うれしくなかったのだろうか。

「うれしくなかったわけじゃないんだ。もちろん興奮もしてたさ。でも、野球で失敗するということを初めて味わったんだ」

 時間を少し巻き戻そう。マイケルはカナダ出身。少年時代からスポーツ万能で中でもアイスホッケーと野球にはまった。

「野球でカナダのジュニアナショナルチームの一員になった。世界を旅させてもらって、これが野球のとりこになった一番の理由だと思う。野球がいかに世界中で好まれているかを知ったよね」

 国を代表できたこと。訪れた国々の文化の違いを発見できたこと。それら野球が与えてくれる「機会」が自分にとってとても大きかったそう。

「どうしても噂に聞く米国の大学野球を経験したかった。レベルが全然違う、すごいっていうから」

 能力試しでフロリダの短期大学に通ったが、ふたを開けてみればカナダと変わらなかった。自分の実力に自信をつけ、マリナーズと契約した。

 晴れて2009年7月に22歳でメジャーデビュー。ここからが戦いだった。

「呼ばれてから最初の100打席ぐらいが本当に苦しかった。全然成績を残せなくて、マイナーとメジャーを行ったり来たり。自分はここにいていいのだろうか。本当に通用するのか。そういう疑問が頭を離れず、ようやく乗り越えてサクセスと言えるようになるまでの数年は本当につらかった」


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年10月14日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。