レッドソックス時代 上原と世界一 バックアップキャッチャー最後の雄姿

レッドソックス時代 上原と世界一 バックアップキャッチャー最後の雄姿
今季限りでの引退を表明しているロス(ロイター=USA TODAY Sports)
 元局アナ 青池奈津子「メジャー通信」

【デービッド・ロス捕手(カブス)】バックアップキャッチャーがチームになくてはならない存在だったら、それはすでにバックアップと呼んではいけないのではないかと思う。それがカブスのデービッド・ロス。お世話になった大好きな、大好きな選手。今年は愛を込めて「グランパ(おじいちゃん)・ロッシー」と呼ばれているが、もうすぐ引退してしまう…。以前マイク・ナポリが「リーダーになるのは、スター選手とは限らない」と言ったが、誰よりも熱く、若く、元気にプレーし、人格者の彼が球界を去るのを惜しむ声は小さくない。

「だって39歳だよ。この老体にはもう無理だよ」と冗談めかして(本気かも?)言った後に、真顔になり「家族と一緒にいたいんだ」と少し寂しそうな優しい笑顔を見せる。「今日(8月26日)は一番下の子ハーパーの1歳の誕生日でさ。小さなことだけど、そういう瞬間を見逃すのが、もうつらいんだ」

 家族は子供たちの学校の都合上、シーズン中はフロリダ、デービッドは1人でシカゴに滞在している。「上の子2人も9歳と7歳で、父親にそばにいてほしい年頃。僕が家を出て行く瞬間に彼らの心が押し潰されるのを見るのも本当に嫌で。子供たちの面倒を1人で見る妻も助けてあげたい。僕はこの大きな夢の中で生きることができたから、そろそろ彼らの人生の一部になる時なのかなって。時々、体もしんどいしね」。度重なるファウルボールの顔面直撃で脳振とうに悩まされてきたデービッド。その後遺症で一番大事な家族の前で余裕がなくなった時に、引退を考えたのだそうだ。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年10月26日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。