【神宮大会】履正社が決勝進出 早実と頂上決戦

【神宮大会】履正社が決勝進出 早実と頂上決戦
復調を印象づけた履正社・安田尚憲
       

 第47回明治神宮野球大会は14日、高校の部・準決勝を行い、履正社(大阪)が札幌第一(北海道)に7―2と快勝し、決勝進出を果たした。履正社は3回に4安打を集めて一挙4得点。終盤にも3点を追加した。

 15日の決勝では、怪物・清宮幸太郎(2年)に加え、この日の第1試合で5打数3安打4打点と大暴れした野村大樹(1年)を擁する早実と激突する。乱打戦となるのは必至だが、大会初安打を放ち復調を印象づけた“西のスラッガー”安田尚憲(2年)は「清宮と、それもこの神宮の決勝で戦えるのは光栄。芯に当たった時、ボールを飛ばす力は僕もそれなりにある。清宮に負けないように頑張りたい」と気負った様子もなく話した。

 今大会11打数4安打7打点と勝負強いバッティングが光る松原任耶(1年)も「野村はすごいとは思うけど、自分たちの野球をすれば相手は関係ない」ときっぱり。同級生スラッガーも眼中にない。

 東西スラッガー対決を制し、秋王者の称号を手にするのはどちらか。決勝に注目が集まる。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「清宮幸太郎」に関する記事

「清宮幸太郎」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「清宮幸太郎」の記事

次に読みたい「清宮幸太郎」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年11月14日の野球記事

キーワード一覧

  1. 清宮幸太郎 年俸

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。