日本代表FW小林悠 川崎残留の思い語る

日本代表FW小林悠 川崎残留の思い語る
残留を決めた小林は中村(右)と来季もチームを引っ張る

 J1川崎の日本代表FW小林悠(29)が2日、残留を決めた心境を明かした。

 G大阪、神戸、鳥栖から年俸1億円ともいわれる巨額のオファーを受けていたが、チームがチャンピオンシップ準決勝で鹿島に敗れたことで残留を決意。「そこに(ケガで)出られなかった悔しさがあったから、フロンターレに残ってタイトルを取りたいと思った」と語った。

 来季は、昨季まで3年連続得点王だったFW大久保嘉人(34)がFC東京へ移籍する。「嘉人さんが抜けてしまうし、自分が(川崎を)引っ張っていきたいという思いもあった。僕も抜けたらチームとして厳しくなる」と生え抜きとしての責任感も残留の決め手となった。

 ケガも順調に回復し、24日の天皇杯準々決勝のFC東京戦には復帰できる見込み。クラブ史上初のタイトルへゴール量産を狙う。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月3日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。