【GPファイナル】宮原知子 自己ベスト更新しSP3位

【GPファイナル】宮原知子 自己ベスト更新しSP3位
宮原 ロイター

【フランス・マルセイユ9日(日本時間10日)】フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル2日目、女子ショートプログラム(SP)で昨年2位の宮原知子(18=関大)が自己ベストの74・64点をマークし、2年連続の表彰台へ3位と好スタートを切った。首位には歴代最高得点の79・21点を叩き出したエフゲーニャ・メドベージェワ(17=ロシア)が立った。

“ノーミスの女王”が大舞台で本来の安定した演技を披露した。今季の宮原はGPシリーズ初戦スケートカナダでエッジエラーや回転不足を取られると、2戦目のNHK杯では普段はほとんどミスをすることのない3回転ルッツで転倒。ジャンプに苦しんできた。

 それでもこの日は冒頭のダブルアクセル(2回転半ジャンプ)、続く3回転ルッツ―3回転トーループのコンビネーション、3回転ループと3つのジャンプをクリーンに着氷。スピン、ステップでいずれもレベル4を獲得し、2月の四大陸選手権でマークした72・48点の自己ベストを更新した。

 NHK杯でGPファイナル進出を決めると「先に2人が決めていたので私もと思っていた」。2人とは同じ濱田美栄コーチ(57)に師事するジュニアの紀平梨花(14=関大KFSC)、本田真凜(15=関大中)のこと。

 2人は同時開催のジュニアGPファイナルに臨んだが、本田はインフルエンザにより欠場し、紀平も緊張からか本来の力を発揮できなかった。

 宮原は彼女たちジュニアの手本となる練習の虫。この日は悔しい思いをした後輩の分まで、会心の演技を披露した。

当時の記事を読む

宮原知子のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「宮原知子」に関する記事

「宮原知子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「宮原知子」の記事

次に読みたい「宮原知子」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月10日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 宮原知子 コーチ

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。