レスナーがドーピング陽性でUFC1年間出場停止

レスナーがドーピング陽性でUFC1年間出場停止
ブロック・レスナー
       

 WWEのブロック・レスナー(39=米国)がマーク・ハント(42=ニュージーランド)に判定勝ちした7月の総合格闘技「UFC200」のドーピング検査で陽性反応を示したため、ネバダ州アスレチック・コミッション(NSAC)から1年間の出場停止(来年7月まで)と罰金25万ドル(約3000万円)を科せられたと15日(日本時間16日)、複数の米メディアが報じた。試合結果もレスナーの勝利から「ノーコンテスト」に変更となった。レスナー側とも合意したという。

 2回の検査で「ヒドロキシ・クロミフェン」の陽性反応が出たが、レスナー側は「足のクリームに含まれていたことを知らなかった」と主張していた。また、NSACの処分は、プロレスラーがライセンスを必要とする州ではプロレスの試合にも適用されるという。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月17日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。