中日・小笠原 新ユニホーム“ダボダボ仕様”発注

中日・小笠原 新ユニホーム“ダボダボ仕様”発注
来季はユニホームの袖を4センチ伸ばすことを明かした小笠原

 中日・小笠原慎之介投手(19)が19日、来季の新ユニホームを“ダボダボ仕様”で臨むことを明かした。

 若手選手の間ではピチピチ派が主流となっている。しかし、今季着用したものから、さらに袖を4センチ長くし、太もも周りを2センチずつ計4センチ太くしたものを発注した。

 影響を受けたのはDeNAから巨人へFA移籍した山口俊という。神奈川出身で昔からファンとあって「投手で大きいユニホームを着ているといえば山口さん。体が大きくてごっつい感じがする。僕が高校生のときからカッコいいと思っていた」と力説した。

 最後は「体重は98キロ(昨年94キロ)になったけど、身長もあと5センチあれば(球速も)5キロ速くなるのに」と周囲を笑わせた。

当時の記事を読む

山口俊のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「山口俊」に関する記事

「山口俊」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「山口俊」の記事

次に読みたい「山口俊」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月19日の野球記事

キーワード一覧

  1. 山口俊 年俸
  2. 山口俊 暴力事件

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。