中田翔の大阪桐蔭に勝った男・近田怜王を襲った高2夏の大アクシデント

中田翔の大阪桐蔭に勝った男・近田怜王を襲った高2夏の大アクシデント
敬礼ポーズをする近田氏

【気になるアノ人を追跡調査!野球探偵の備忘録】2012年シーズン限りでプロの舞台を去った元ソフトバンク・近田怜王氏(26)。報徳学園では1年時から本格派左腕として注目を集め、ドラフト3位で入団したが、わずか4年、22歳で戦力外。その後に活躍の場を求めたJR西日本でもすでにボールを置き、現在は同社の業務をこなす。そんな近田氏が短かった野球人生の舞台裏を明かした。

「高1の秋が自分のなかでは一番良かった。あそこが僕の野球人生の頂点ですかね。プロで活躍はできなかったけど、恵まれた野球人生だったと思います」。2006年秋、“怪物”と呼ばれた1学年上の中田翔(現日本ハム)に本塁打を浴びながらも近畿大会で強豪・大阪桐蔭相手に1失点完投勝利。一躍、全国区になった。だが07年、高2の夏に灼熱の甲子園のマウンドに調子を狂わされた。初戦の青森山田戦で熱中症を起こして7回途中降板。そのときはそれほど深刻ではなかったが、試合に敗れて、学校に戻った3日後の練習で突如意識を失った。

「医者からは目覚めなかったら植物状態だと言われたそうです。幸い3日間の入院で済んだんですが、そこからイップスになってしまって」。ボールを思ったところに投げられない。わずか5メートルでさえキャッチボールが届かない。一時はボールを握ることさえできなかった。そんな恐怖心を何とか克服して、08年の最後の夏は全国8強まで勝ち上がったが、一番良かったころの投球に戻ることはついになかった。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「中田翔 + 年俸」のおすすめ記事

「中田翔 + 年俸」のおすすめ記事をもっと見る

「中田翔 + FA」のおすすめ記事

「中田翔 + FA」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「筒香嘉智」のニュース

次に読みたい関連記事「筒香嘉智」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月26日の野球記事

キーワード一覧

  1. 中田翔 FA
  2. 中田翔 Instagram
  3. 中田翔 年俸

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。