中日・浅尾 先発転向も視野

中日・浅尾 先発転向も視野
復活を目指す浅尾
       

 中日・浅尾拓也投手(32)が先発転向も辞さない覚悟でいる。

 昨年は右肩痛に悩まされるなどプロ10年目にして初めて一軍登板なしの屈辱を味わった。一軍マウンド復帰のために、浅尾が導き出したのは中継ぎへのこだわりを捨てること。「どうやったら試合に出られるか、考えたときにたどりついた考え。(中継ぎで)勝ちゲームに投げられなかったときに、負けゲームで1イニングだけしかいけないとなれば、使う首脳陣も(起用が)難しいと思う。急に先発をやれと言われても、慌てないように、どちらもいけるようにしておかないといけない」ときっぱりだ。

 先発転向となれば、連投がなくなり、肩への負担も減る。選手寿命も延びそうだが、あくまで「長くやることに、そんなにこだわっているわけではない。とりあえず、試合に出たいという気持ちが強い。チャンスがあるなら、そこ(先発)でやるつもりです。もちろん、(中継ぎで)勝ちゲームで投げることを第一に目指してやります」と話す。

 オフのトレーニングは元ソフトバンクの守護神で現在は九州医療スポーツ専門学校に通う馬原孝浩氏(35)のもとで行う。「中継ぎで同じ経験をしてきて肩を痛めた状態とか符合する話が電話では多かった。自分の中で何をしていいのかも分からなかったのに『絶対大丈夫だから』と。お会いしたこともなかったのに僕なんかに声をかけていただいて、うれしかった。今後の野球人生にプラスになると思う」(浅尾)

 森監督が昨年までリリーフを務めた又吉、福谷の先発転向を示唆していることもあり「自分がどっちになるかは分からないけど、その中でまたどこかで穴埋めをできればいい」。2017年の浅尾はなりふり構わず、一軍復活を果たすつもりだ。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年1月5日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。