巨人・杉内 初夢でハマの番長から助言

       

 巨人・杉内俊哉投手(36)が13日、鹿児島県薩摩川内市内で練習を公開し、約70メートルのキャッチボールなどに取り組んだ。治療台の上でのリハビリを強いられた昨年の同時期と比較し「かなり動けている。野球選手らしくなっていると思う」と手応えを口にした。

 今回力を入れているのが短距離走を繰り返すシャトルラン。昨季限りで引退した前DeNAの三浦大輔氏から12年にシャトルランの重要性を聞いたことがきっかけ。5年後の今年の年始、三浦氏から助言を受ける情景と、自分が走り込む姿の夢を見たという。昨年はプロ入り後初めて登板なしに終わった。それでも自信を失うことなく「勝てる投手ということを証明できるように頑張りたい」と表情にも言葉にも力がある。

三浦大輔のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「三浦大輔 + コーチ」のおすすめ記事

「三浦大輔 + コーチ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「岩村明憲」のニュース

次に読みたい関連記事「岩村明憲」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「宮本慎也」のニュース

次に読みたい関連記事「宮本慎也」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年1月14日の野球記事

キーワード一覧

  1. 三浦大輔 コーチ

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。