ヤクルト移籍1年目で活躍 坂口智隆に「なぜ復活できたんですか?」

ヤクルト移籍1年目で活躍 坂口智隆に「なぜ復活できたんですか?」
内野ノックを受ける坂口
       

【核心直撃】2015年オフにオリックスから減額制限を超える減俸提示を受け、昨年からヤクルトに移籍した坂口智隆外野手(32)。移籍1年目の昨季は141試合に出場し、本塁打はゼロながら打率2割9分5厘、39打点と活躍して復活を遂げた。それでも「1年だけやっても意味がない」と危機感を抱く燕のリードオフマンを直撃した。

 ――移籍1年目の昨季はどんな年だった

 坂口:いい一年やったよ、新しいことだらけで。苦痛? ないない。不安とかもあったけど、それなりに違う環境でできたから。人生においての経験とかは増えたと思う。

 ――オリックス時代のチームメート・大引の存在も大きかった

 坂口:それは(大引がいるといないのでは)まったく違う。助かった。野球の面もそうだし、生活でもいろいろ教えてくれたりするし。お店とか? そういうのはすごい助かったよね。あとは同級生が多かったから。

 ――東京で慣れないところは

 坂口:渋滞。あとどこにいっても人がおる。(兵庫の)三宮は夜になったら人が減るからね。東京はそれがない。

 ――12年からケガで出場試合が激減した(12年40試合、13年97試合、14年122試合、15年36試合)。オフの契約更改の時に「2015年で野球辞めなきゃいけないかもしれなかった」と話したことも…

 坂口:どうしようかなというのはあったよね。(オファーが)なかったらなかったで考えるし、あったらあったでありがたいし。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年1月20日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。