錦織圭「デビスカップ欠場」苦渋の決断に擁護の声

錦織圭「デビスカップ欠場」苦渋の決断に擁護の声
試合後、錦織はファンからのサイン攻めにペンを走らせた(ロイター)

【オーストラリア・メルボルン18日発】テニス全豪オープン男子シングルス2回戦で世界ランキング5位の錦織圭(27=日清食品)は同72位ジェレミー・シャルディー(29=フランス)を6―3、6―4、6―3のストレートで下し、3回戦に進出した。その一方で、波紋を広げているのがフランスとの国別対抗戦デビスカップ・ワールドグループ1回戦(2月3~5日、東京・有明コロシアム)の欠場だ。ファンの嘆きは止まらないが、大会関係者からは錦織を擁護する声も上がった。

 勝因は先手を奪われた後のプレーだった。相手の3度のブレークに対し、すべて続くゲームでブレークバックした錦織は「なるべく引き離されないようにすごく集中してプレーした」。シャルディーは強烈なフォアハンドを持つ一方で、弱点はバックハンド。錦織はその“急所”を大事な局面で突き、ポイントにつなげた。

 試合時間は2時間6分。3時間34分を要した1回戦と比べると体力を温存できた。世界ランク121位ルカシュ・ラツコ(29=スロバキア)との3回戦へ、修正点を挙げながらも「この調子で2週間プレーしたい」と力強く話した。

 徐々に調子を上げてきた錦織だが、全豪直前にはデ杯欠場を表明した。これを受け、試合とは関係のないところでひと騒動起きている。ネット上は、表明後「チケット届いて喜んでたのに、かなりショック」「なんなんマジで」などと悲鳴であふれた。オークションでも一部チケットが半額以下になるなど、深刻な影響が出ている。チケットの先行発売は抽選で、ファンはエースの不在を知るよしもなかった。2月に南米2大会に参戦する錦織は「スケジュール的に難しい」と理解を求めたが、仮に全豪で優勝すれば凱旋試合となった大会だけに、ファンも落胆の色を隠せない。

 ただ、大会関係者は錦織の“苦悩”は別のところにあると察し、擁護した。「私の立場でこんなことを言っちゃいけないけど、今、フランスとやっても勝ち目はない。錦織がシングルスで2勝してもナンバー2の選手が勝てるか疑問。ダブルスも厳しい。よくて2勝3敗だと思う」。フランスは世界ランキングのトップ25に最多の5人が入り、最も戦力層が厚い。対する日本は2番手が同99位の西岡良仁(21=ヨネックス)。錦織がハードな日程の中で無理して帰国しても、フランスとの差は歴然というわけだ。

 デ杯には人一倍思い入れが強いだけに、苦渋の選択だったことは明白。裏を返せば戦力が拮抗した国との戦いなら、強行出場していた可能性も十分ある。「日の丸をしょってっていうのは錦織も誇りを感じている。よく決断したと思う。『今年は絶対トップ3に入る』という覚悟が伝わった」(同)

 シャルディー撃破でフランスに一泡吹かせたのは、全豪でできる錦織のせめてもの“後方支援”。留飲を下げることができたわけではないが、少しでも気持ちの切り替えにつなげたいところだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 錦織圭 全米オープン
  2. 錦織圭 最新ランキング
  3. 錦織圭 速報
東スポWebの記事をもっと見る 2017年1月19日のスポーツ総合記事
「錦織圭「デビスカップ欠場」苦渋の決断に擁護の声」の みんなの反応 3
  •   通報

    悪いのはチケット販売する側であって錦織に非はない

    2
  • 匿名さん 通報

    チケットを売る形で金を儲ける運営側の都合で選手生命を縮める必要はない。スポーツ選手は自分の体力を削って稼いでいるんだから。錦織の決断を支持する。

    1
  • あきれた 通報

    チケット売りさばくだけ売りさばいて欠場とは。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「錦織圭 + 最新ランキング」のおすすめ記事

「錦織圭 + 最新ランキング」のおすすめ記事をもっと見る

「錦織圭 + 速報」のおすすめ記事

「錦織圭 + 速報」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「大坂なおみ」のニュース

次に読みたい関連記事「大坂なおみ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。