浅香あき恵 アイドル衣装で登場も不細工イメージ消えず

浅香あき恵 アイドル衣装で登場も不細工イメージ消えず
アイドルの衣装で登場した浅香あき恵

 吉本新喜劇女優の浅香あき恵(60)が19日、大阪市の吉本興業本社で「芸能生活40年記念 あき恵ちゃん祭り~未来に向けてがんばルンバ~」(3月25日、なんばグランド花月)の開催会見を行った。

 司会を務めた西川忠志(48)から「今日、あき恵さんは一番お気に入りの衣装で登場されます」と紹介されると、ミツバチアイドル・ハニーちゃんの衣装をまとった浅香が登場。「以前、新喜劇でアイドルの役をやって最高に気持ちよかったから」と衣装をチョイスした理由を明かしたが、笑いの止まらない忠志から「60歳やのに、よく恥ずかしげもなく着られますね」と突っ込まれた。

 浅香は女優になるため、文学座のオーディションを受けたが失敗。翌年もチャレンジするつもりでいたとき、知人に誘われ新喜劇入りした。マドンナとして活躍したが「吉本新喜劇やめよっカナ?キャンペーン」で一度退団。1年半で復帰し、結婚、出産を経験した。当時について「あのころは、私に必要な流れだったんだと本当にそう思います。流れに乗りだしたらいいように動く。それなら流れを大切にしよう、冒険しないといけないと思うようになりました」と振り返った。

 そんな浅香も、今は新喜劇で「鼻の脂」をいじられる不細工キャラが浸透している。本人は「これ、脂じゃないんです。汗なの!」と力説したが、忠志から新喜劇で黒いカバンであき恵の顔を叩いた際、カバンの表面に鼻形の油ジミがクッキリ残ったという話や、「脂とり紙を何枚使ったらあき恵の鼻から脂が消えるか」を実験したところ、脂とり紙の枚数が100枚を超えたというエピソードを暴露され笑いを誘った。

 また、浅香が全面プロデュースする同公演ではゲストに博多大吉(45)を迎える。大吉との縁については「大ちゃんが19歳の時、博多温泉劇場というところで新喜劇公演をやったことがあり、座員は楽屋で寝泊まりしていたんです。その時に、博多華丸・大吉が私たちに付き合って一緒に寝泊まりしてくれたんです」と明かした。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2017年1月19日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。