トランプ大統領“壁で対立”メキシコ大統領と電話会談

 トランプ米大統領が27日(日本時間28日)、ワシントンで英国のメイ首相(60)と会談した。20日の就任後、外国首脳との直接対談は初。「米国第一」を掲げるトランプ氏とEU離脱を決めたメイ氏が両国の「特別な関係」を構築できるかが注目された。

 会談後の会見でトランプ氏は「英国との深い絆を新たにした。特別な関係を今後も続けたい」と述べた。かねて北大西洋条約機構(NATO)に慎重な見方をしていたが、メイ氏によれば会談内でトランプ氏は「NATOを100%支持する」と語ったとのこと。エリザベス女王からの公式訪問の招待に応じる構えも示したという。また、トランプ氏は会見で、国境の壁建設を巡って対立するメキシコのペニャニエト大統領(50)と電話会談を行ったことも明らかに。約1時間の話し合いを「とても友好的な電話だった」と振り返り「私たちは公平で新しい関係に向けて取り組む」とアピールした。

 トランプ氏は壁の建設費を負担させるため、メキシコからの輸入に課税することを検討。31日に予定されていた首脳会談は中止となっている。

 電話会談は関係修復を模索したものとみられるが、会見では「(北米自由貿易協定によって雇用を奪うなどして)米国を粉々に打ち砕いた」と改めてメキシコを批判。再交渉する考えを強調した。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年1月28日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。