中日ドラ1・柳は“見られ”疲れ?

中日ドラ1・柳は“見られ”疲れ?
拡大する(全1枚)
ブルペンで投げ込む柳

 中日の沖縄・北谷キャンプで5日、ドラフト1位・柳裕也投手(22=明大)がブルペンで47球を投げ込んだ。第1クールを無事に終え「やっぱり力が入ったが、けがなくやれているのが一番。岩瀬さん、山井さん、吉見さんたちはキャッチボールやランニングも真剣にやられてて勉強になる」と総括した。

 ところが、そんな柳を本紙評論家の得津高宏氏が辛口評価だ。この日のブルペン投球を視察した得津氏は「疲れているような感じで、そんなに良くなかった。カーブは抜けていたし、低めの直球も力なくタレていた。やっぱり直球は低めにズバンと伸びのある球を投げられないとね。福谷や同じルーキーでも(同4位の)笠原(祥太郎、21=新潟医療福祉大)たちの球の方がよっぽどキレがあった」と指摘する。

 何とも気になる低評価には要因があるという。「ブルペンでは明大の大先輩の杉下(臨時コーチ)さんや森監督から常に視線を浴びながら投球していたし、ドラフト1位ということで多くのマスコミに注目されていることもあると思う。これまで経験したことないような緊張状態が続いていて、いわば“視線疲れ”だと思う」(得津氏)

 それでも柳の潜在能力は高く評価しており「投げ方は悪くないし、ブルペンが悪くても実戦でアドレナリンが出るタイプもいる。森監督も頭の中では使い方とか、すでにいろいろ決めているはず。今のブルペンのままでは困るけど、これから実戦で結果を出していけば、開幕ローテーションの枠に十分に入れるのでは」と期待を込めた。

 これまで柳自身も「僕は球が速いわけじゃないし、ブルペン映えするピッチャーじゃない」と認めており、これも順調な証拠なのかもしれない!?

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年2月6日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。