【フィギュア】宮原が股関節骨折 五輪「3枠」大丈夫か

【フィギュア】宮原が股関節骨折 五輪「3枠」大丈夫か
拡大する(全1枚)
宮原知子

 日本スケート連盟は7日、フィギュアスケート女子の宮原知子(18=関大)が左股関節の疲労骨折で全治4週間と診断を受けたため、今月の四大陸選手権(韓国・江陵)と札幌冬季アジア大会を欠場すると発表した。来年の平昌五輪の国別出場枠が懸かる世界選手権(3月29日~、フィンランド・ヘルシンキ)には出場する意向だが、フィギュア選手にとっては致命的故障。エースの離脱で日本女子フィギュア界はどうなるのか――。

 宮原に異変が見られたのは昨年12月のグランプリ(GP)ファイナル直前。左股関節に違和感を覚え、年が明けても痛みが消えなかった。1月のアイスショー後はジャンプの練習も制限していたが、6日夜に日本連盟に連絡を入れて2大会の欠場を決断。四大陸選手権は本郷理華(20=邦和スポーツランド)、冬季アジア大会は坂本花織(16=神戸FSC)が代替出場する。

 無念のエースは「今は加療に専念し、世界選手権でしっかりとした演技ができるよう体調を整えたい」とコメント。伊東秀仁フィギュア委員長(55)も「無理をしたらいい結果は出るかもしれないけど、世界選手権が大事」と話したように、あくまで世界選手権を最重要視した決断であることを強調した。

 今度の世界選手権は平昌五輪の国別出場枠が懸かる。前回ソチ五輪と同じ3枠を確保するには、世界選手権で上位2人の順位合計で「13」以内が必要。昨年の世界選手権で日本女子は11大会ぶりにメダルを逃した。宮原が5位、浅田真央(26=中京大)が7位に入って合計


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「フィギュアスケート」に関する記事

「フィギュアスケート」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「フィギュアスケート」の記事

次に読みたい「フィギュアスケート」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年2月8日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。