【WBC】侍ジャパンで「先発&抑え」増井の本音は…

【WBC】侍ジャパンで「先発&抑え」増井の本音は…
WBCに向けて意欲的な調整を続けている増井

【キャンプ話題の人を直撃!】確固たる守護神がいない侍ジャパンで、第2先発と抑えの「両輪」で期待されるのが日本ハム・増井浩俊(32)だ。本職は抑えも、昨季はシーズン途中の8月に先発転向。その後2か月足らずで7勝(計10勝)を挙げた実績もあるため、WBCでもフル回転が予想される。もっとも、先発と救援を同時にこなすには、調整やモチベーション維持が難しい…。どんな思いでキャンプを過ごし、WBCでどう貢献したいのか。沖縄・国頭の日本ハム二軍キャンプ地で直撃した。

 ――昨季、抑えから先発に転向して計10勝を挙げた。そんな実績もあり、WBCでは第2先発や中継ぎ、抑えなどフル回転が予想される。先発と抑えでは調整が異なると思うが、不安はあるか

 増井:シーズン中の調整は先発と中継ぎで違いますけど、キャンプでの調整は毎年あまり変わらないので。今のところは心配していません。WBCでは与えられた役割をこなすしかないと思っています。

 ――現時点で小久保監督や日本代表チームの首脳陣は投手陣の役割分担を明確に決めていない。本来、投手はあらかじめ自分の投げるポジションを決められたほうが調整がしやすく、本番の試合も投げやすいと思うが

 増井:それはどうでしょうかね。でも、今回の場合は仕方がないと思いますよ。投手は各チーム、各個人で調整は違うと思いますし、シーズン前のこの時期は実際に投げてみて状態を確認する投手がほとんどだと思うので。WBC球に合う、合わないというのも実戦で投げてみないと分からない。WBC本番前ギリギリまで抑えやリリーフを決められないのは、しょうがないと思います。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「侍ジャパン + メンバー」のおすすめ記事

「侍ジャパン + メンバー」のおすすめ記事をもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年2月15日の野球記事

キーワード一覧

  1. 侍ジャパン メンバー

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。