三重・高3長男母親刺殺事件に大学受験生の親たち衝撃

 三重県四日市市の高校3年の長男(18)が自宅で母親(47)を殺害し、遺体を隠したとして、殺人と死体遺棄の疑いで逮捕された事件が、受験シーズンの全国の親世代に衝撃を与えている。

 県警は15日、母親の司法解剖の結果、死因は首の刺し傷による失血死と発表。首には複数の刺し傷、頭には打撲痕、首には圧迫痕があった。現場から刃物などを押収した。

 父親(48)が自宅の床に血痕があるのに気付き、物置で遺体を発見。14日午後11時ごろ「妻が死んでいる。息子が殺したかもしれない」と110番した。自宅にいた長男が捜査員に犯行を認めたため、逮捕された。

 県警によると、長男は「自分がやった」と自宅にあった刃渡り約12センチのペティナイフで刺したことを認め「遺体を隠すために庭にある物置に運んだ」と供述しているという。

 一家は父親と母親、長男に中学生の長女の4人暮らし。長男は大学受験期間中のため学校が休みだった。逮捕容疑は14日午前6時40分~午後7時ごろ、母親を殺害し遺体を物置に遺棄した疑い。

 地元関係者によると「長男は学校では話しやすい感じの普通の子だった。なにか悪いことをするような感じもなく、スポーツマンだった」という。

 近所に住む女性は、母親を「礼儀正しく、気さくな人だった」と振り返る。長男が中学生の時には塾の送迎をするなど教育熱心に見えたという。家から2人が仲良く話す声が聞こえたこともあった。「息子さんはまじめで勉強もがんばっていたと思う。悪い噂や悩みも聞かなかった。信じられない」と驚きを隠さない。

 大学受験生の子供を持つ住民は「受験シーズンで親とのいろんな衝突があるのはどこも同じ。ぶつかることがあったのだろうが、母親にそんなことをするなんて…」と話していた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2017年2月16日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。