【R―1】決勝前の“前哨戦”でレイザーラモンRG圧勝

【R―1】決勝前の“前哨戦”でレイザーラモンRG圧勝
「R―1ぐらんぷり2017」ファイナリストの9人

 ピン芸人のナンバーワン決定戦「R―1ぐらんぷり2017」の決勝進出者が20日、発表され、レイザーラモンRG(42)、横澤夏子(26)、ブルゾンちえみ(26)など、ファイナリスト9人が決まった。

 決勝(28日午後7時からフジテレビ系で生放送)を前にしたこの日、都内で行われた会見を最も盛り上げたのはRGだった。米国のトランプ大統領(70)に扮して登場したRGは、同じく決勝進出者となった三浦マイルド(39)に対し、「サンキュー、プーチン!」とジョークを発射。三浦は「ノープーチン!」と慌てて首を横に振った。

 1歳年上の一般男性と交際中の横澤は、優勝賞金500万円の使い道を聞かれ、「500万円をチラつかせたら向こうもビックリするんじゃないか。結婚資金、妊活資金にしたい」と宣言。並々ならぬ電撃婚への意欲を示し、「引いてます? 聞いといて引かないで」と報道陣にせがんだ。

 ここでRGはすかさず質問した記者に「フェイクニュース!」と絶叫。トランプ大統領が会見でメディアを相手にほえまくった場面を再現して、会見場を沸かせた。

 会見ではブレーク中のブルゾンちえみも意気込みを語ったが、爆笑には至らない。他の芸人も同様だった。9人の中で圧倒的に場数を踏み、芸歴20年超のRGが、決勝前の“前哨戦”で圧勝した形だ。

 またRGは、決勝のネタ披露の順番決めで自ら1番手を選択。賞レースの決勝でトップバッターは、観客が温まっておらず不利というのが常識。にもかかわらずRGは「アメリカ、ファースト!」と叫んで、1番手を選んだ。トランプ大統領の米国第一主義にひっかけたギャグを繰り出しつつ、不利な1番手を選んだわけだ。

 余裕すら漂うRGが現時点では頭一つ抜けているが、果たして本番は――。

あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2017年2月22日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「レイザーラモンRG」のニュース

次に読みたい関連記事「レイザーラモンRG」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ゆりやんレトリィバァ」のニュース

次に読みたい関連記事「ゆりやんレトリィバァ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「鈴木Q太郎」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴木Q太郎」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。