【トレセン発秘話】手駒が揃った武幸四郎の「最後の手綱さばき」に注目

【トレセン発秘話】手駒が揃った武幸四郎の「最後の手綱さばき」に注目
調教師に転身する武幸四郎

【栗東トレセン発秘話】今月いっぱいで騎手を引退して調教師に転身する武幸四郎(38=栗東・フリー)。大勢の取材陣に取り囲まれた当人は「15歳で競馬学校に入ってもう40近くやもんね。騎手になって20年。幸せやった。いろいろ経験させてもらったし、悔いはない」と振り返った後、ラストウイークの騎乗について「阪神でデビューして、阪神で終えられる。たくさん乗せていただけるようなのでありがたいですね」と感謝の気持ちを伝えた。

 スター騎手のラストウイークといえば、結構派手な活躍をするイメージがある。河内現調教師は新馬2勝を含む5勝。そして松永幹現調教師だ。ラストデーのGIII阪急杯を11番人気ブルーショットガンで制し、続く最終レースも勝利。JRA通算1400勝のメモリアル付きの最高のフィナーレとなった。

「あの時は自分でもビックリするぐらいの成績を挙げることができた。自分はいつも通りに乗っていただけ。最終レースを勝たせてくれた西園先生はじめ、周りの厩舎の方々が最後だからと、いい馬をたくさん揃えてくれた。全てはそのおかげ」とは松永幹調教師だ。

 ジョッキー人生最後の週に、馬を託す関係者がそれに見合う馬を用意するのはある意味当然で、その仕上げも熱が入ったものになる。ラストウイークを迎える騎手が活躍をすることが多いのはある意味、必然とも言えようか。

 今週、武幸を鞍上に予定している馬の複数の関係者から「幸四郎の最後だし、しっかり仕上げないとね」という声を聞いた。土曜阪神のGIIIアーリントンCのミラアイトーンを筆頭に、手駒が揃ったラストウイーク(計10頭前後に騎乗予定)で、どんな手綱さばきを見せるか注目だ。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2017年2月24日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら