中日・小笠原がスパニッシュに!?

中日・小笠原がスパニッシュに!?
順調な調整が続く小笠原

 昨年11月に左ヒジの遊離軟骨(関節ねずみ)除去手術を受けた中日の2年目左腕・小笠原慎之介投手(19)が27日、二軍の沖縄・読谷キャンプを打ち上げた。ブルペンでは今キャンプ最多の58球を投げ込み「非常に調子はいいです。思いっ切り放れてホッとした。順調に何とか自分のやりたいことができた」と振り返った。今後は3月7日に名古屋でファームの打撃投手を務める予定だ。

 そんな小笠原が現在、取り組んでいるのがスペイン語の習得だ。中日にはドミニカ共和国出身のジョーダン、ベネズエラ出身のアラウホ、ロンドン、キューバ出身のバルデス、ゲレーロ、ビシエド、育成枠のマルティネス、ウルヘエス、リナレス巡回コーチと、スペイン語圏の外国人がなんと総勢9人もいる。

 小笠原は手術後にスペイン語の語学本を購入し、今キャンプにも持ち込んでいた。「去年、ランニングやってるときにジョーダンとかに、たまに話しかけられたりするけど、何を言っているのか分からなくて、覚えた方がいいのかなというのがあった。そういうときって通訳がついてないことが多い。分からないと話が進まない。やっぱりコミュニケーションが直接取れたらいい」と明かす。

 キャンプ中は忙しくてなかなか進まなかったようだが、「これからも時間があるときはまたやっていきたい」ときっぱり。今季はスペイン語でコミュニケーションをとる小笠原が見られるかもしれない。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年2月28日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。