セクハラヤジ騒動の塩村文夏都議が国政転身 衆院選で打倒安倍側近の勝算

セクハラヤジ騒動の塩村文夏都議が国政転身 衆院選で打倒安倍側近の勝算
塩村文夏氏
       

 民進党は先月28日、次期衆院選の広島3区に、東京都議会でセクハラヤジを浴びた塩村文夏都議(38)を擁立すると発表した。都政から国政へのチャレンジはどう出るのか?

 この日、広島県福山市出身の塩村氏はブログで「政策実現のために、今回広島に戻り、選挙区とカテゴリを変更する決意をしました」と国政転身に向け、女性活躍や動物愛護、地方創生などの政策課題を掲げた。

 塩村氏は3年前の都議会本会議場での一般質問中に複数の自民党都議から「早く結婚した方がいい」「産めないのか?」などのヤジを受け、涙ながらに抗議し、名乗り出た鈴木章浩都議(54)が公開謝罪する騒動に発展した。今となっては旧態依然とした都議会の暗部をあぶりだした先駆者とも言えるが、この騒動で一躍、全国区となり、昨年の参院選でも名前が取りざたされていた。

「『恋のから騒ぎ』(テレビ番組)出身で都議選でも美人すぎる候補で話題になっていた中、ヤジ問題で引っ張りダコとなり、中でも外国メディアの関心が非常に高く、ケネディ前駐日米大使とも親交を深めたほど。広島出身の被爆2世で、民進党は早くから注目していた」(都政関係者)

 広島3区の現職は安倍晋三首相(62)の補佐官を務める自民党の河井克行氏(53)。

「河井氏は安倍首相の側近ながら地元での評判はいまひとつで、選挙も圧勝ではない。塩村氏が野党統一候補となれば、十分勝負できるところでしょう」(永田町関係者)

 塩村氏も周辺に「国政へのチャレンジは勝てなければ意味がない」とこぼしていたといい、勝算ありと踏んでの決断とみられる。都議1期からの国政転身はまれだが、首相側近を刺す“くノ一”となるのか――。

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「セクハラヤジ騒動の塩村文夏都議が国政転身 衆院選で打倒安倍側近の勝算」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    おー帰化人出るんか?

    1
  • 匿名さん 通報

    森愛先行外色ない奥本ゆり後攻外色ない子う酵素と色

    0
  • 匿名さん 通報

    うるさい公務vs東京都議会一日委員長対反文部科学省tai 大半文部科学省

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「パワハラ」のニュース

次に読みたい関連記事「パワハラ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「痴漢」のニュース

次に読みたい関連記事「痴漢」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年3月1日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。