復興支援続ける林家たい平 石巻の人は「本当に笑えるようになった」

復興支援続ける林家たい平 石巻の人は「本当に笑えるようになった」
林家たい平

 落語家・林家たい平(52)が1日、都内で行われた、旅チャンネル「東北観光応援特集『がんばろう!日本』」(スカパー!など 毎週土、日午前6時)の応援団長就任記者会見に出席した。

 同番組は日本で唯一の旅専門チャンネル「旅チャンネル」が、東日本大震災の被災地域の復旧や復興につながるように、東北各地を紹介する旅番組を特別編成したものだ。たい平は東北復興支援活動を継続して行っており、このほど旅チャンネル「がんばろう!日本」2017応援団長に任命された。

 大学4年生の時、宮城・石巻で落語家になることを決めたという。「石巻の老人ホームで、へたくそな大学生の落語を聞いてもらって喜んでもらった。そして日和山に登り『落語家になろう。日本一の落語家になろう』と決めた」

 震災直後から東北に入り、今でも東北に通い支援活動を続けている。たい平は「人の力はすごいもので、がれきでいっぱいだった門脇という地区は、がれきはなくなった。そこに人が暮らしていたのかもわからなくなりそうだが、門脇の震災前の暮らしなどが3Dプリンターで再現されて展示されている施設もあります。それを見ると、ここで人の暮らしがあったことを忘れずにいられます」と震災の風化を憂えた。

 石巻で暮らす人々の“笑い”も変化した。

「最初は行くだけでした。握手をするだけとか、それで元気を出してもらう。そういうのが半年でした。その後、無料の落語会を開かせていただいた。最初は笑うというより、不安から人のいる場所に集まるだけだったと思います。本当に笑っていいのかという気持ちもあったと思います。ですが、5年経過し、本当に笑えるようになってきていることが変化ですね。他人に遠慮せずに、体全体を使って笑えるようになった。会場に笑いの“うねり”のようなものを感じるようになりました」

 地元ではたい平への感謝の意味を込めて、日和山で落語家になることを誓った桜の木を「たい平桜」と名付けた。「大きな桜に名前を付けてもらった。申し訳ないですね」とたい平は頭をかいた。

当時の記事を読む

林家たい平のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「林家たい平」に関する記事

「林家たい平」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「林家たい平」の記事

次に読みたい「林家たい平」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年3月1日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。