千葉大医学部レイプ事件公判 山田被告“半勃ち”アピールで情状酌量作戦

“半勃ち”は情状酌量になるのか――。昨年9月の千葉大医学部レイプ事件で集団強姦罪に問われた同大5年の山田兼輔被告(23)の第2回公判が1日、千葉地裁で開かれた。超エリート一家で育った山田被告だが、情状証人として出廷した父親からは「男として幼い部分がある」とダメ出し。トイレで被害女性に襲いかかった理由も、同被告は“酒のせい”を繰り返した。揚げ句、いざ挿入という時に勃起せず、フィニッシュには至らなかったと主張、情状酌量を訴えた。

 一連のレイプ事件で逮捕されたのは計4人。うち千葉大医学部5年の吉元将也被告(23)と山田被告が“主犯”で、集団強姦罪に問われている。現場は居酒屋のトイレ。白ワインなどを飲まされベロベロになった被害女性を、まず吉元被告がトイレ内で姦淫。山田被告もこれに続いた。山田被告は中央大学の創立メンバーの一人を高祖父に持ち、曽祖父は最高裁の判事。父親もヤリ手弁護士という超エリート一家に生まれた。この日、情状証人として出廷した同級生は「責任感が強く、後輩の面倒見もいい。こんなことをするとは思えない」と力説した。

 続いて証人出廷したのは父親。逮捕後、勾留先に面会に行った際「息子は顔を真っ赤にし、謝罪しながら対面板に頭を打ち付けていた」と証言。

 一方で被告が「その場の雰囲気に流されて他人を傷つけ、自分も傷付いた」と、まるで“自分も被害者”のような物言いをしていたことを明かし「20歳過ぎの男としては幼いし、弱い印象を受けた。父親としてわかっていなかった」と悔いる場面もあった。

 この“幼さ”は犯行時にも見て取れる。

 当初、泥酔した被害女性を介抱するためトイレに連れて行ったが、吉元被告が女性とこもり、姦淫したことがわかると、さっきまでの親切心が一変。

 眼前で吉元被告が女性にキス、強制フェラ、手マンを見せつけたこともあり「性欲を抑えられませんでした」。吉元被告からは「便座に(女性を)座らせた方がヤリやすいよ」とアドバイスまで受けたという。

 この時点でトイレ内には女性と山田、吉元両被告の3人。並行審理中の吉元被告の公判で吉元被告は集団強姦ではなく、単独の準強姦罪を主張しているが、つじつまが合わないことになる。

 山田被告自身も吉元被告の話に猜疑心が芽生えているようで、吉元被告からドア越しに「大丈夫?」と声を掛けられ、慌ててトイレから出たとする証言に対しては「そんな声は聞いていません」と強く否定した。

 そればかりか、トイレから出た一番の理由は“半勃ち”とも明言した。

「床に女性をあおむけにして姦淫しようとしましたが、酔っていたので勃起しませんでした。彼女の膣に陰部をこすりつけましたが、半勃ちで入りませんでした。それで諦めて外に出ました」と述べ、性交には至っていないことをアピールした。

 起訴内容を大筋認めた山田被告は、被害女性と示談したい考え。だが、女性の代理人は「応じるつもりはありません」と一蹴しており、このままいけば、集団強姦罪で懲役3~5年程度の実刑判決が予想される。

 なお、半勃ちだったからと言って「量刑が軽くなることはない」(法曹関係者)という。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「千葉大医学部レイプ事件公判 山田被告“半勃ち”アピールで情状酌量作戦」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    半立ちw こんなこというくらいなら、罪を認めた方がまし。 ついた弁護士も、ひでーなw

    7
  • ふにゃふにゃ 通報

    ヤリ手弁護士が考えた言い訳が半勃ちとはw

    3
  • 匿名さん 通報

    懲役30年で。 刑が軽すぎる。

    2
  • ak 通報

    不起訴って 示談って 尿かけられたって聞いてるけど 金貰えばいいんだ だからされるんじゃない?

    1
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年3月2日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。