タイでは食用のカブトガニ 日本人には評判イマイチ

【アツいアジアから旬ネタ直送「亜細亜スポーツ」】「生きた化石」と呼ばれるカブトガニは、日本だと絶滅危惧Ⅰ類や一部県の天然記念物に指定されているが、東南アジアでは種類が豊富で、なんと食用になっている。とりわけタイで好まれている。

「ちょうど今、3月下旬から4月のタイ正月にかけてが旬」とは首都バンコク郊外、日系工業団地の中心部にある街シーラチャー在住の駐在員。近隣の海水浴場の名産だという。

「シーラチャーから車で30分足らずの所にバンセンという庶民的なビーチがあり、シーフードが安く食べられるので現地在住日本人にも人気なんです」。店の水槽でイカやエビ、シャコ、貝、魚などと一緒にカブトガニが元気に泳いでいるそうだ。

 バンセンに程近い人気リゾート・パタヤのほか、プーケット島やサムイ島などでも食べられる。バンコクでも中華系シーフード店で売られていたりするが、地元民的には「やっぱり新鮮さはイマイチ」だそう。

 甲羅は見るからに頑丈だし、裏返してみてもほとんど身はないが、一体どこを食べるのか? 「メスが腹に抱いている卵だよ。今の季節がメスの産卵期で、“子持ちカブトガニ”が食べられるんだ」と地元民。この卵をいろいろ調理するのだという。

 タイ風の激辛サラダ「ヤム」にして、タマネギやセロリ、トマトと一緒に食べるのが定番。ショウガやレモングラスなどと煮込んだり、炒めたりもする。生きたまま炭火焼きにし、焼き上がったところで甲羅を外し、出てきた大量の卵をスプーンですくって…と、いささか残酷な食べ方も。

 タイ人の食通は「卵のプチプチした食感を味わいながら、タイウイスキーをチビチビやるのがいいんだ」と言う。どうやら珍味の類いのようだが、食べたことのある日本人観光客には「スパイスやハーブの味だけで、肝心の卵はほとんど味わいがない」「カニみその味がほんの少し」「ハッキリ言ってマズい」と不評だ。

 値段は大きさにもよるが、1匹100~300バーツ(約320~1000円)とタイのシーフードとしては標準的。タイで食べる機会があれば話のタネにぜひ…と言いたいところだが、このカブトガニ、実は猛毒を持っている。

 フグと同じくテトロドトキシンが卵に含まれていて、タイでは毎年1~2人死んでいる。食通のタイ人いわく「運試しで食べるヤツも多い」とか。タイ保健省も毎年この時期になると注意喚起はしているが、旬の味を楽しみたい地元民の間ではおざなりになっているようだ。

☆室橋裕和(むろはし・ひろかず)=1974年生まれ。週刊文春記者を経てタイ・バンコクに10年居住。現地日本語情報誌でデスクを務め周辺国も飛び回る。3年前に東京へ拠点を移したアジア専門ライター。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク