巨人オープン戦最下位は計算ずく?

「2017 読売巨人軍激励会」が24日、都内のホテルで行われ、高橋由伸監督(41)ら首脳陣、WBCに参加した3選手を除く一軍の主力選手が参加した。

 激励会には長嶋茂雄終身名誉監督(81)、老川祥一オーナー(75)ら約1400人が来場。

 主催者あいさつでは読売新聞グループ本社代表取締役主筆の渡辺恒雄氏(90)が登壇し、気合十分の“ゲキ”で指揮官とチームを奮い立たせた。

 チームがオープン戦最下位に沈んでいることについて「わざと負けたんじゃないかとしか思えない。僕には。本当に力を発揮してないから負けたんだ」と述べると会場からはドッと笑いが湧き起こり、次のようにも続けた。

「実績にならんからオープン戦っていうのは。それで由伸君も『こんなところで選手はけがしちゃいかんよ』と計算ずくで負けたんじゃないかと思っちゃいました。これから3月31日開幕以後、連勝街道を走ってくれることを期待してごあいさつとしたい」

 これを受け、由伸監督も「チームは現在、わざとではないんですが12球団中最下位と皆様に大変ご心配をおかけしています。ベテラン、新戦力、若手とすべての力を融合させてチームとして化学反応させることでリーグ優勝、そして日本一に向けて精一杯戦っていきたいと思っています」とあいさつ。集まった来場者から万雷の拍手を浴びた。

 巨人でオープン戦最下位からの巻き返しといえば、2008年に阪神との13ゲーム差をひっくり返して優勝した「メークレジェンド」という前例があるが…。その08年は開幕5連敗と厳しい戦いを強いられており、やはり開幕ダッシュに不安が残るのも事実。果たしてどうなるか。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 高橋由伸 年俸
東スポWebの記事をもっと見る 2017年3月25日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「高橋由伸 + 年俸」のおすすめ記事

「高橋由伸 + 年俸」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「菊池雄星」のニュース

次に読みたい関連記事「菊池雄星」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「落合博満」のニュース

次に読みたい関連記事「落合博満」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。