中日・ビシエド 志願の居残り特打

 中日・ビシエドが24日、全体練習の終了後に志願の居残り特打を行った。「(インフルエンザで)5日間練習を休んだので自分の感覚を戻せるようにスイングした。もうちょっとタイミングをバランスよく打てるようにしていかないといけない」と意図を説明。米国時代も調子が落ちたときなどは早出の特打ちなどをしていたという。オープン戦は25、26日の残り2試合。「そこで状態を完璧にしたいが、できれば(27日以降の)二軍の試合でも何打席か立ちたい」と話した。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2017年3月25日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。