【フィギュア世界選手権】樋口がSP9位で日本人トップ 平昌五輪3枠確保へ厳しいスタート

【フィギュア世界選手権】樋口がSP9位で日本人トップ 平昌五輪3枠確保へ厳しいスタート
拡大する(全1枚)
SP9位の樋口新葉(ロイター)

【フィンランド・ヘルシンキ29日発】来年の平昌五輪の出場枠をかけたフィギュアスケートの世界選手権が当地で開幕し、女子ショートプログラム(SP)で初出場の樋口新葉(16=東京・日本橋女学館高)はノーミスの演技だったが、65・87点で9位だった。

 2月の四大陸選手権女王で同じく初出場の三原舞依(17=神戸ポートアイランドク)は、転倒もあって得点を伸ばすことができず、59・59点で15位。左股関節の負傷で欠場した宮原知子(19=関西大学)に代わって出場した本郷理華(20=邦和スポーツランド)は62・55点で12位だった。

 五輪出場枠は各国・地域で最大3人。今大会で上位2選手の順位の合計が13位以内なら、3枠を確保できる。3選手ともにSPで出遅れた格好となったが、果たしてフリーでどこまで巻き返しができるか。厳しい状況となったのは間違いない。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「フィギュアスケート」に関する記事

「フィギュアスケート」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「フィギュアスケート」の記事

次に読みたい「フィギュアスケート」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク