京唄子さんが40年前に語った夫婦漫才秘話:特別編

京唄子さんが40年前に語った夫婦漫才秘話:特別編
京唄子さん(1977年4月撮影)

【団塊記者の取材回顧録:特別編】故鳳啓助さん(1994年没、享年71)との夫婦漫才で親しまれ、テレビドラマや舞台で女優としても活躍した京唄子(本名鵜島ウタ子=うじま・うたこ)さんが6日午前10時33分、肺炎のため大阪市内の病院で死去した。89歳だった。

 27年、京都市生まれ。45年、宮城千賀子さん主宰の「劇団なでしこ」に入団して舞台女優デビュー。その後、地方回りの劇団を転々として同じ劇団の鳳啓助さんと結婚。56年、鳳さんとのコンビ「唄子・啓助」を結成して夫婦漫才で人気に。京さんのツッコミに鳳さんが「大口に吸い込まれる」「ポテチン」などとボケるのがウケて“大口”は京さんのトレードマークになった。

 65年の離婚後もコンビは続け、テレビのトーク番組「唄子・啓助のおもろい夫婦」(フジテレビ系、69~85年)は絶妙なやりとりで高視聴率を記録した。70年に「唄啓劇団」を旗揚げして舞台、テレビで女優としても活躍した。

 77年4月5日、本紙のインタビューに大いに語ったことがあった。当時49歳。夫婦漫才について「初めて啓ちゃんに『漫才やらへんか』言われたときはゴテにゴテましてん。それまでは、まがりなりにも一座でお姫さま役なんかやってたから。それがお客の前で思いっきり自分がアホにならなやっていけん漫才なんて考えできなんでしたわ」と振り返った。

「でも『お前をきっと芸人として大きゅうしてやるから』いう殺し文句にいかれてしもうて。そやけど今はほんまに漫才やってよかった思うてます。ちっちゃいお子さんたちからおばあさんまで、喜んでくれはるのを見ると芸人冥利に尽きる思いですわ」

 2人の念願だった「唄啓劇団」を結成して8年目。漫才から演劇にシフトして精力的に舞台をこなしていた。京都・南座の楽屋。髪を手入れするしぐさに座長としての貫禄があった。

「長期公演の場合はひと月間のテレビ撮りを済ませとかなあきまへんやろ。体力的にはつらいけど、やりがいがおます。お客さんの生の反応を肌で感じると疲れなんて消えまんがな」

 鳳さんとのコンビによるトーク番組「唄子・啓助のおもろい夫婦」は9年目を迎えていた。

「できるだけ長くやっていきたい番組でんな。啓ちゃんも私もつい入り込んでしまうんですわ。子供の話と義理が絡んだ話になるともうあきまへん。2人とも弱うて涙があふれてきまんのや」

 葬儀・告別式は近親者で行う。喪主は長女節子(せつこ)さん。

あわせて読みたい

気になるキーワード

鳳啓助のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る 2017年4月8日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「音尾琢真」のニュース

次に読みたい関連記事「音尾琢真」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「古川雄大」のニュース

次に読みたい関連記事「古川雄大」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マシュー・フォックス」のニュース

次に読みたい関連記事「マシュー・フォックス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら