これが赤ヘルの強さ!誠也が見せた「広島の新4番」像

これが赤ヘルの強さ!誠也が見せた「広島の新4番」像
ついに4番デビューを果たした鈴木。「不動の4番」にいつなれるか

【赤坂英一 赤ペン!!】「40歳の新井さん」から「神ってる誠也」へ――今年こそ、広島の4番交代が実現するのではないか。昨年来、何度か当コラムで書いてきた「4番・鈴木」が11日の巨人戦でついに実現したとき、改めてそう思わずにはいられなかった。

 石井打撃コーチによると、初の鈴木の4番抜てきは「緒方監督の強い意向によるもの。あくまでも経験を積ませるため」だそうだ。「誠也にはまだまだ足りないもの、これから覚えなきゃならないことがいっぱいあるからね」というのである。

 しかし、河田外野守備走塁コーチに聞いたら、「いや、琢ちゃん(石井コーチ)の進言もあったと思うよ」。真相はともかく、以前からチーム内に「いずれは誠也を4番に」という声があったのは確かだ。鈴木は4番として早速3安打した上、巨人・阿部の一塁守備のミスを突く果敢な走塁でもチームに貢献した。

 6回一死一、三塁で、阿部がゴロの処理にもたつく間に、三走・鈴木が本塁を陥れたシーンを、河田コーチが振り返る。

「あのとき、ぼくは何の指示も出してないんですよ。阿部が背中を見せた瞬間、誠也が自分の判断で本塁へ走った。教えてできるプレーじゃない。あれが彼の持つセンスであり、冷静に状況を観察できている証拠です」

 当の鈴木も「4番でもやることは一緒。3番や5番と同じです」とコメント。かくも落ち着いてプレーできるのは“本来の4番”新井が打撃好調で、エルドレッドや松山も当たっており、過剰なプレッシャーを感じずに済んでいるからだろう。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年4月18日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。