“育成の星”ソフトバンク・千賀を発掘した幻の名スカウト

“育成の星”ソフトバンク・千賀を発掘した幻の名スカウト
拡大する(全1枚)
強烈なライナーをグラブではじく千賀

 ソフトバンクの千賀滉大投手(24)が18日のロッテ戦(ZOZOマリン)に先発。8回3失点(自責1)で2勝目を挙げ、チームの連敗を4で止めた。今春のWBCで一気に名を上げた右腕だが、高校時代は無名の存在で、指名は育成ドラフト4巡目だった。プロ入りには「名古屋市のスポーツ用品店の店主」の推薦があったから――とのエピソードがあるが…。“幻の名スカウト”の発掘ストーリーを追跡した。

 先発した千賀は8回を投げて2試合連続の2桁となる11奪三振をマークした。初回に2点を失ったが、最速154キロの直球と自慢の「お化けフォーク」を武器にロッテ打線をねじ伏せた。

 今季はWBCでのブレークで世界的に大きな注目を集めた。準決勝の米国戦では敗戦投手になったものの、2回を投げて4者連続を含む5奪三振の快投。防御率0・82とインパクト抜群の投球で大会の優秀選手に選ばれた。今季は昨季12勝からの飛躍を期すシーズンとなっている。

 入団は2010年の育成ドラフト4巡目。高校時代は無名の存在だった。それが育成とはいえ、プロ入りできたのはなぜなのか。地元・愛知にあるスポーツ用品店の店主の推薦があったから――との話は知られつつあるが、その発掘秘話はこのようなものだった。

 もともと中学生のシニアの監督をやっていた経験もあり、地域のアマ事情に精通した存在だったというスポーツ用品店の店主の西川正二さん(故人)。現在、家業のスポーツ店を継いでいる息子の史時さんは「うちの店自体も野球に特化してまして。いろいろなつながりもあって『千賀がすごいぞ』という話が耳に入ってきたんだと思います」と話す。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク