羽生も撃破!快進撃の「14歳・藤井四段」止めるのは誰か

 タイトル獲得はいつ? 連勝ストッパーは――。23日にインターネット番組で放送された将棋の非公式戦で、第一人者の羽生善治3冠(46)を破る金星を挙げた愛知県瀬戸市の中学3年生・藤井聡太四段(14)への期待と関心が広がる一方だ。

 昨年10月、14歳2か月の史上最年少でプロ棋士となった藤井四段。対する羽生3冠も15歳で史上3人目の中学生棋士となり、かつては7冠を独占するなど圧倒的な強さで時代を築いた。プロ公式戦のデビューからの連勝記録では目下13連勝中の藤井四段が、6連勝だった羽生3冠を上回る。

 対局は先手番となった藤井四段が中盤以降にリード。終盤に追い上げられるも、冷静に受け止めて勝ち切った。番組は羽生3冠のほか、佐藤康光九段(47)と深浦康市九段(45)ら7人の実力派プロと対戦する企画。結果は藤井四段の6勝1敗と、ホープの永瀬拓矢六段(24)に敗れた以外は勝利するという驚異的な成績だった。敗れた羽生3冠は藤井四段について「鋭い攻めの印象を持った。新人とは思えない落ち着きを持っている。どんな棋士になるか、とても楽しみです」とコメント。藤井四段は「自然体で臨んだ。終盤、勝ちを意識した局面で読み筋にない手を指され、動揺した。終盤における羽生3冠の怖さを実感した」。

 4日の王将戦1次予選で史上最多のデビュー後11連勝を記録し、26日の棋王戦予選・平藤真吾七段(53)との対局に14連勝がかかる。かねて「神童」と呼ばれるホープの羽生撃破に、「まさしく天才」「化け物」「神ってる」などと驚きと称賛のコメントがネット上に寄せられている。

 さらには「誰が公式戦の連勝を止めるのか」といった声も。一方で記録ずくめの中3には、最年少でのタイトル獲得の期待がかかる。1990年に屋敷伸之九段(45=当時五段)が棋聖を奪取した時の18歳6か月が最年少記録。羽生3冠は、89年に当時最年少の19歳2か月で獲得した竜王が初タイトルだった。逸材に抱く将棋ファンの夢は日に日に膨らむ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2017年4月24日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「囲碁」のニュース

次に読みたい関連記事「囲碁」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。