安倍政権を揺るがす「スノーデンファイル」

 米国家安全保障局(NSA)の元職員、エドワード・スノーデン氏(33)が2013年に持ち出した機密文書の中に、日本に関わる情報が含まれていたことが24日、分かった。米ネットメディア「インターセプト」が公開を始めた。新たに公表されたのは13のファイル。衝撃的なのは、日本が米国の諜報活動に利用されていたことだ。

 04年の文書によると、東京にある在日米軍の横田基地で、最新鋭の通信機器の製造施設を造ることになった際、費用のほぼ全額に当たる660万ドル(約7億2500万円)を日本側が支払ったという。

 しかもその通信機器は日本の安全保障に活用されたわけではなく、米軍が世界の紛争地の諜報活動に使用。文書では「特筆すべきはアフガニスタンでのアルカイダ攻撃を支えたアンテナだ」と記載されている。

 国民の税金で米軍の通信施設が建てられ、それがアフガンでの戦争に使われたとなれば、日本の非戦主義が根底から揺らぎかねない。

 さらに13年の文書ではNSAが「XKEYSCORE」と呼ばれるネット上の電子メールや通話記録などを広範囲で収集・検索できる監視システムを日本側に提供したとする記述もある。

 NSAは同システムを「通常の利用者がネット上でやりとりするほぼすべてを監視できる」と表現。最も強力なスパイ機器だ。これが事実ならば、国民はすでに国家の総監視下。共謀罪が成立すればどうなるか…容易に想像がつくだろう。

「安倍首相にしてみれば、せっかく森友学園問題が朝鮮半島情勢や民進党の内ゲバのおかげで吹き飛んだのに、新たな難問を抱えた形です。なかでも監視システム『XKEY――』の導入時はバリバリの現役総理大臣。野党の追及は必至で、首相の説明責任が問われることとなりそうです」(永田町関係者)

 国会は再び大荒れ模様だ。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2017年4月26日の社会記事
「安倍政権を揺るがす「スノーデンファイル」」の みんなの反応 2
  • 拡声器 通報

    インターネットは米国海軍の伝達技術が基に成ってる からこの記事の様になる事は時間の問題だったわな これからは伝書鳩の時代だろう^0^

    0
  • 匿名さん 通報

    も~プーちゃんったら~w

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。