広島ドラ1右腕・加藤 初メガネ登板もプロ最短KO

広島ドラ1右腕・加藤 初メガネ登板もプロ最短KO
初メガネもKOされた加藤。右は菊池

 広島のドラフト1位右腕・加藤拓也(22)が28日のDeNA戦(横浜)に先発し、自身初のメガネ姿で登板した。

 プロ初登板となった7日のヤクルト戦(マツダ)では9回一死まで無安打投球し、プロ初勝利。しかし、裸眼だったため捕手のサインがよく見えなかったそう。その後はコンタクトを着用するもフィットしない。そこで27日朝、広島市内の量販店で急きょ、メガネを購入したという。

 試合前の加藤は「(コンタクトが)見えづらかったので応急処置です。気になりますが、サインが見えないので投球よりサイン優先。(矯正視力は)1・2くらいですかね。裸眼だと0・05くらいです。似合うとは誰も言ってくれなかったです」と説明していたが…。

 試合はそれ以前の制球難で3回2/3を4安打5四球4失点でプロ最短KO。チームも3―9と惨敗し、メガネデビューを飾れずがっくり肩を落としていた。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年4月29日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。