阪神・金本監督 またも守備のミス「選手は自覚を持ってほしい」

 阪神は29日の中日戦(甲子園)に3―6と競り負け、連勝は2でストップ。初回に糸井の本拠地初アーチとなる4号2ランが飛び出したが、3失策に加え、ミスの連続で流れを引き寄せられなかった。

 初回、先制点を許した後の二死一塁から、遊撃・北條の失策でピンチを広げて追加点を許せば、6回には失点にはつながらなかったものの、先発・青柳がバントを処理して一塁悪送球…。さらに8回には二塁・上本がゴロを裁けず、攻撃へのリズムをつくれない。

 3―3の9回、絶好調の守護神ドリスを投入。一死一、二塁から北條がゴロを捕り、三塁封殺を狙ったが、三塁・鳥谷が「打球を追っていたから…」とカバーが遅れ、内野安打で満塁とされた。直後に連打と犠飛で計3点を奪われたのだから、痛すぎるミスだった。

 試合後、金本監督は6回途中で降板させた青柳に「バント処理もできないようじゃ」と二軍落ちを決断。さらに「ドリスは攻められない。失策多い? 記録は3個だけど、見えないやつもいくつかあった。続くとしんどい。開幕当初よりは減っているけど、やはり前のナゴヤドームでの2試合といい、今日の試合といい守りのミスは負けにつながる。しっかり反省していかないと。選手は自覚を持ってほしい」と怒りをかみ殺しながらナインに苦言を呈した。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュース

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年4月29日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。