エピカリス ルメール騎乗で米GIベルモントS挑戦

 UAEダービー2着の後、米GI参戦を視野に動向が注目されていたエピカリス(牡3)が、米3冠最後の一戦、GIベルモントS(6月10日=ベルモントパーク競馬場・ダート2400メートル)に挑戦する。3日朝、萩原調教師が明らかにした。

「UAEダービーの後はアメリカ遠征を考えていましたが、ケンタッキーダービーだとローテーションを含めタフな競馬が予想されたので、距離適性も考慮したうえでベルモントSに決めました。もともと青写真として描いていたプランです」と萩原調教師。

 同馬は3冠最初のケンタッキーダービーのポイントシリーズで優先出走権を獲得していたが、総合的な判断で今回の遠征が決まった。

 現在はノーザンファーム天栄で放牧中で、今月中旬に美浦トレセンに帰厩予定。手綱は引き続きルメールが取る。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク