西武「4番・浅村」「おかわり5番」スタメン大幅に組み替え

西武「4番・浅村」「おかわり5番」スタメン大幅に組み替え
大胆に変わった西武のスタメン

 西武・辻発彦監督(58)が2日のヤクルト戦(神宮)でスタメンを大胆に組み替えてきた。

 ここ4試合、13打数1安打(打率7分7厘)と不振の続く4番・中村を5番に下げ4番には現在リーグ打点王(45)の浅村を初起用。3番には秋山を起用し、1番に左すね疲労骨折から復帰した昨年のパ・リーグ盗塁王・金子を抜てきし、売り出し中の2番・源田との俊足コンビを組んできた。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2017年6月2日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。