中日・小笠原 2失点の好投も2勝目ならず

 中日の2年目左腕・小笠原慎之介投手(19)が9日のオリックス戦(京セラドーム)に先発。5回2/3を5安打2失点の力投を見せたが、今季2勝目(1敗)はならなかった。

 つかんだはずのツキがスルリと逃げた。1点リードの5回、無死一塁でマレーロに左中間スタンドへ運ばれたが、マレーロのまさかの本塁踏み忘れで2ランが一転、三塁打となり、1失点ですんだ。


 その後、6回二死満塁で松井雅は押し出し四球で1点勝ち越し。その裏に今季最多の115球に達した二死一塁の場面で勝ち投手の権利を持って降板した。

 ところが、2番手・伊藤が武田に右中間へ適時二塁打を浴びて同点を許す。小笠原は「チェンジアップは感じよく投げることができたが、直球を思うようにコントロールすることができなかった。走者を出してから自分で投球を苦しくしてしまい球が多くなってしまった」と反省の言葉が並んだ。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年6月9日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。