【超花火】田中将斗が小幡を一蹴「一生、お前は俺には勝てへん」

【超花火】田中将斗が小幡を一蹴「一生、お前は俺には勝てへん」
コーナーポストから小幡(下)めがけて飛び込んだ田中

 10日の超花火プロレス・糸魚川大会で、世界ヘビー級王者の田中将斗(44)が昨年の火祭り覇者・小幡優作(33)を一蹴した。

 小幡からの挑戦表明を受けて組まれたノンタイトルでの一騎打ちは、一方的な展開になった。田中は序盤で場外戦に持ち込むと、イスと竹刀で相手の左足を破壊。竹刀が割れるほどの威力だった。その後も左足に狙いを定め、関節技地獄に引きずり込んだ。小幡の反撃もことごとくはねのけると、最後は渾身のスライディングD一発で仕留めてみせた。

 試合後は「最初から負けるの分かってるヤツが(ベルトに)チャレンジしたいとか言うな! 俺はピンピンしとる。一生、お前は俺には勝てへん。トップの器じゃねえ!」とコキ下ろした弾丸児。王者での火祭り(7月9日、名古屋で開幕)制覇に弾みをつけたのは確かだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2017年6月10日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ボクシング」のニュース

次に読みたい関連記事「ボクシング」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レスリング」のニュース

次に読みたい関連記事「レスリング」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「空手」のニュース

次に読みたい関連記事「空手」のニュースをもっと見る

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。